大阪能楽大連吟
講師

齊藤 信輔shinsuke saito

 

シテ方 観世流 能楽師 準職分

重要無形文化財総合指定保持者

公益社団法人 能楽協会 所属

龍谷大学 文学部 日本語日本文学科 出身

1976年生まれ。大阪市在住。

幼少の頃より、父 観世流能楽師 齊藤信隆に稽古を受け、4歳で仕舞「養老」で初舞台。1994年より大槻文藏師(人間国宝)に入門し2004年独立。「千歳」「石橋」「猩々乱」「道成寺」を披曲。イタリア、ニュージーランド、アメリカ、インドネシア、韓国等、海外公演に参加。

見た目の強面からは想像もつかない優しさと包容力を併せ持ち、独創的な切り口と情熱で能楽を捉える大阪能楽界随一のユーモア解説者。何事にもギャップの激しい男である。