大阪能楽大連吟
事務局スタッフ

山村 貴司ムーチョtakashi yamamura

 

能楽コーディネーター。

1980年生まれ。伊丹市在住。

幼少の頃より、父 観世流 能楽師 山村修三に稽古を受け、3歳で能「鞍馬天狗」の子方で初舞台。以後、小学4年生まで子方として舞台に立つ。2004年、中京大学社会学部卒業後、同大学大学院社会学研究科社会学専攻「地方で活動する能楽師」について研究し修士課程修了。

富松薪能やこども能楽教室の企画・運営、様々な催しにも制作協力し、アメリカや台湾の文化交流祭にも参加。海外と能楽との橋渡し役としても活動の場を広げている。学生時代はラグビーやサッカーなど様々なスポーツにも触れ、文武両道を目指す。