大阪能楽大連吟

あの能楽大連吟が大阪にやって来る

大阪能楽大連吟 謡でつなげる、にっぽんのこころ

参加費
一般 15,000円
学割大学生まで 8,000円
早割11月申込 12,000円
親子割中学生までと親の2人 20,000円
  • 参加費にはオリエンテーション、全体稽古2回、少人数稽古(全ての少人数稽古、全12回受講いただけます)、本公演出演料、会員名札、お稽古帳、オリジナル高砂CD代を含みます。
  • お稽古及び本番には扇が必要となります。(一尺程度のサイズの扇であればお持ちの扇で結構です。)大阪能楽大連吟では京都本家福井十松屋様のご協力により観世流仕立てのオリジナルデザイン扇を毎年作成し、お値打ち価格1本5,500円にて販売いたします。
公演日時
2018年5月13日(日)
時間は未定。決定次第告知いたします。
公演会場
四天王寺 五智光院
大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
講師
齊藤信輔 今村哲朗
お稽古会場
大槻能楽堂 朝陽会館 西宮能楽堂
初回オリエンテーション
2018年1月14日(日)19:00~ 大槻能楽堂
協力
本家福井十松屋 檜書店 芳精堂
チラシデザイン
有限会社ウィット
WEBサイト制作
クリエイティブサイト株式会社

能楽大連吟のうがくだいれんぎんとは?

能楽大連吟最終稽古

みなさんは能楽の「謡(うたい)」をご存知ですか?

伝統芸能である能のことばを謡うもので、長い歴史と独特の美しさ、奥深さを持っています。

能楽大連吟は、「謡」を通じて、古き良き日本文化を知るとともに、性別・世代を越えて人との合唱によって、コミュニケーションの幅を広げようという試みです。

プロの能楽師による数ヶ月のレッスンのあと、参加者みんなで能の舞台に立ちます。謡の発声法を身につけることで、伸びやかな声となり、まっすぐな美しい姿勢も身につきます。未経験者歓迎!

京都で2008年に最初に催されてから10年目の今年、ついに大阪でも開催が決定しました。

大阪でも謡の輪が広がっていくことを目指して発信していきます。

詳しく見る

応募から本番までの流れ

  • まず応募する(11月~)まずは応募!未経験者でもOK♪
  • お稽古開始(1月~5月)プロの能楽師講師陣が丁寧に教えてくれます!
  • そして本番@四天王寺(5月13日)みんなで歌うと迫力満点!
詳しく見る
2016年能楽大連吟(東本願寺能舞台)

能楽とは?高砂とは?

結婚していく人のために、遠く旅立つ友人のために、古くから夫婦愛と長寿を祈って、結婚式などで広く謡い伝えられてきた《高砂》。

少しだけ詳しく知ってみましょう。

詳しく見る

ボランティアスタッフ大募集

運営を手伝ってくださるボランティアスタッフも募集しています。
日本文化や舞台に興味のある方、大連吟をサポートしてみませんか?
まずはお気軽にお問い合わせください。

詳しく見る

お知らせinformation